2015年06月04日

電気製品 故障

気がつけば半年近く更新なし。週1回は更新を、と年初には考えてましたが、子供の頃から日記というのはどうにも続かない・・・。

FacebookやTwitterなどはさらに性に合わないし、どうにもイカンです。

気を取り直して、昨日の嵐のことを。

続きを読む
posted by KEN at 14:51| Comment(0) | ベトナム生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

新年早々、海底ケーブル切断事故ですね

年始気分も過ぎ去り、世の中が平常モードに完全復帰した1月5日月曜日、またもや海底ケーブルが切断・・・です。インターネット接続の調子が非常に悪し。

去年は2月・7月・9月と3回切れましたが、今年は新年そうそう早々と。場所はまたもやブンタウ沖。ベトナムでは毎年の恒例行事のようなものですが、年1ぐらいだった頻度が去年から大幅に上がってますね。どうしたことなのでしょう。

最近は技術の進歩により、海底ケーブル切断事故があっても迂回路を使うなどして、ある程度は通信を維持できるようで、現在のところなんとかSkype通信はできています。2006年の台湾地震のときは完全に、”インターネットが陸の孤島化”しましたから、当時を思えばが状況は相当にマシです。が、やはり、オンライン講座の比重が大きい我が校にとって、インターネットの障害は影響大。

まあ、ベトナム国内にサーバーがある現地新聞のオンライン版は、何の影響も受けずに絶好調なので、この機会にしばらくの間、読解力向上のためにニュースはベトナム語オンリーにしてみますかね(笑)。

posted by KEN at 10:13| Comment(0) | ベトナム生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

仕事納め2014

PM8時半に、とある会社の従業員さんへの授業が終わり、12月30日を持って私の年内の授業は終了。

学校としては明日12月31日も、とある日系企業の授業があるので仕事納めにはなっていませんが、私の担当の授業はこれで終わりです。

しかしベトナムは旧暦の正月を『新年』として祝うので、外国人が多い市街中心部はまだしも、郊外のこの辺りでは年末感ゼロ(笑)。子供たちの学校(ベトナムローカル校)も、明日大晦日は普通の登校日。官公庁は一足早く御用納めになっているようですが、庶民にはあまり関係ないですね。

ちなみに弊校の年始の始動は、1月2日から。早速とある日系企業での授業が入っています。結局のところ、正月の完全休みは1月1日のみですね、悲しい・・・。

ベトナムの休日・祝日は非常に少ないので、明日の晩は家族で美味しいものでも食べに出かけて、元日はうちでゆっくり過ごしたいと思います。

posted by KEN at 23:50| Comment(0) | 日本語教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

初めて見る雪

今日午前のスカイプ日本語授業は、名古屋の某企業さんと。

日本は強い冬型の気圧配置が続き全国的に大荒れ模様、名古屋でも9年ぶりという大雪だったそうで。ベトナムは雪が降らない国、そして受講生のベトナム人の皆さんも、生まれて初めて見る雪に興奮(?)していました。

とにかく窓の外が気になるようで、視線はチラチラあちらの方へ。今日の仕事が終わったら、彼らはどうするのかな・・・。滑って転んで怪我をしたりなんかはしないでほしいですが、人生初の雪景色を味わってほしいところです。夜にはスマホで家族とスカイプつなげて、「ホラ、これが雪だ」なんてやってるんでしょうね。

今日のホーチミン市は一日曇で涼しかったけれど、私は一日中半袖。三流登山家時代にはさんざん慣れ親しんだ雪にも、とんと触れる機会がなくなってしまいました。

日本の雪景色を見ると、少し里心がつきますね。

posted by KEN at 19:11| Comment(1) | 日本語教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

とりあえずもしも・・・あなたが外国人と「日本語で話す」としたら

『とりあえずもしも・・・あなたが外国人と「日本語で話す」としたら』(スリーエーネットワーク社)を読了。

『日本語を母語とする私たちが、外国人と日本語でやりとりをすること、さらに外国人どうしが日本語でやりとりすることを「対外日本語コミュニケーション」と名づけて、その問題点や解決法を探って」いく、という本です。

問題点というのは、はしょってまとめると、大して上手でもないのに「日本語お上手ですね〜」とべた褒めする「子供扱い型」であったり、逆にささいな間違いも許容できない「高ハードル設置型」といった、我々日本語話者の態度。

解決法というのは、より簡略化した日本語を使いわかりやすく話す技法、となります。

続きを読む
posted by KEN at 20:22| Comment(0) | 日本語教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする