2011年12月22日

東西大通り・橋のネーミングがワロス

東西大通り(東西ハイウェイとも・・・)の1区側と2区側を結ぶ、Thu Thiem トンネルが11月に開通しました。

dong tay.jpg
(東西大通り2区側)


「東南アジア最大の埋没トンネル、日本のODAが使用された、ベトナム国家の威信をかけたプロジェクト」等々、そういう難しい話は横においておいて。

2区側の橋、ネーミングがワロス。

日本語教師でありながら、ワロス(笑える)などという2ちゃんねる用語をあえて使ったのは・・・以下の写真をご覧下され。



2channel.jpg

2区はもともと水路が縦横に走る水郷地帯。そこをまっすぐ貫く東西大通りには、ハノイ街道(Xa Lo Ha Noi)と合流するまでに4つの小さな橋がかかっています。上の写真はその2つめ。

Cau は「橋」、Kenh は「(テレビの)チャンネル」。"Cau kenh 2" は直訳して「2ちゃんねる橋」です^^。



さらに、3つ目の橋は・・・。

smallnamazu.jpg


Ca Tre は「なまず」、Nho は「小さい」なので、「小ナマズ橋」(笑)。



4つ目の橋が、
bignamazu.jpg

Lonは「大きい」ですから、「大ナマズ橋」です(爆)。


ううむ、国家規模の大プロジェクトでできた道路ながら、そこに掛かる橋はなんというシュールなネーミング。



しかしこのナマズ橋、東西大通りの側道にかかっているのが「元祖」です。

original namazu.jpg

「第1ナマズ橋」


おまけに、この元祖ナマズ橋から1区方面を望んだ写真を。川向こうの大都会ぶりとのギャップがスゴイですね。

dist1.jpg


以上、私にしては珍しく、写真をふんだんに使った日記でした。くだらない内容で申し訳なし。



posted by KEN at 12:12| Comment(0) | ベトナム生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。