2011年10月03日

H先生

H先生…スケベな先生って意味じゃないですよ(爆)。我が日本語学校で、先日先生デビューしたH君のことです。彼の学歴は小卒(ベトナムの義務教育期間は小学校の5年間)。

2年ほど、とある保護施設の16歳以上の生徒・卒業生を対象に無料クラスを開いていましたが、彼はそこの修了生。

無料といってもボランティアではなく、「将来ウチで働いてもらうためだから無料、勘違いしないように。出席の悪い者・努力の足りない者は容赦なく切って捨てるから、興味本位の人は受講不可。本当にヤル気のある人だけいらっしゃい」という前提で始めたクラスです。

20人中、1人か2人生き残れば御の字だろうと思っていましたが、結局そこは予想通り。で、そのスパルタクラスを生き残ったのがH君です。

まだ初級の授業しか担当させられませんが、小卒のH君が大学生たち(通学クラスはほとんど大学生)から「先生」と呼ばれ日本語を教えているのですから、我が事のように嬉しい。ベトナム社会では普通、有り得ないことですからね。

まあ教師としての実力はまだまだですから、さらに研鑽を積んでもらいたい、いや、積まねばならないのですが。

ぜひともカリスマ日本語教師まで上り詰めてほしいです。


posted by KEN at 00:38| Comment(0) | 学校長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。