2011年04月18日

Windows7英語版でもブラウザは完璧日本語化

ベトナムでWindows7機英語版を購入、WindowsXP日本語版より引越し作業、ブラウザ編です。

もちろんデフォルトで付属していたブラウザは、Internet Exploler 9(以下“IE9”)英語版。ですがブラウザは完璧に日本語環境にできますね、当たり前だけど。

旧機ではWEB製作時にはFireFox(以下“火狐”)、それ以外はGoogle Chrome(以下“クローム”)を愛用してました。どちらもアドオンも豊富でIEよりサクサク動いて非常に快適。

まずは最初から付属していたIEより火狐をダウンロード。以前から火狐ではGoogle Toolbarを使っていたので、新機にもGoogle Toolbarをインストールし、ログイン。さすれば以前使っていた火狐そのままの環境が、ブックマークなども含め再現されます。あっという間です^^。

Google Chromeはさらに素晴らしい。まずは同様にIEからクロームをダウンロード。設定画面を開き、表示言語を日本語に。そして同期設定を行うと、ブックマークだけでなくアドオンまで含め全て完璧に移行できます。すげぇ便利…。

火狐(のGoogle Toolbar)のブックマークは移行先では「あいうえお順」になってしまうので、その点が少々不便ですが、クロームではブックマークの順番まで完璧に同期、ホント凄いです。

今回のブラウザ引越し作業で気づいたことを少々。

旧機臨終直前の頃にはメモリが不足し、メモリ喰いの火狐3は動作が非常に重くなりました。IE7は…論外でしたが(笑)、クロームはメモリ消費が非常に少なく、最後まで軽快に動作していたので愛用していました。

が、基本スペックの高い新機では、新しい火狐4が超快適に動作し、クロームより体感速度が速いぐらいに感じます。

そして意外だったのは、IE9がこれまた高速に動作すること。旧機でのIE7があまりにもヘボだったので、そのギャップに驚きました。

まあそんなこんなで、ことブラウザに関しては英語版Windowsでも表示から何から完璧な日本語環境が可能ということです。

では次回は、あっという間に終わったデータ引越しについて。


posted by KEN at 21:41| Comment(0) | ベトナムでパソコン購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。